へしこ通販トップ > 製造工程

製造工程
内臓除去及び三枚下ろし作業

内臓除去及び三枚下ろし作業

県の条例により、【ふぐ処理資格者免許】【ふぐ処理施設許可】が必要。
可食部位・有毒部位に区分処理。

豊富な白山の伏流水で水洗い

豊富な白山の伏流水で水洗い

白山の伏流水は、自然のミネラル成分が多く含まれています。
本漬けを行うまでに、、水にさらしたり、水洗いを何度も繰り返します。

ふぐの子塩漬け

ふぐの子塩漬け

約一年間、塩蔵することによって、塩の浸透作用を利用して、毒性を抜いていきます。

天日干し

天日干し

本乾になるまで4~5日間、太陽の恵みをたっぷりと受け、その間に形を整えるために、2~3回整形を行います。

ふぐの子糠漬け・漬け込み

ふぐの子ぬか漬け・漬け込み

卵巣(ふぐの子)を、米糠・米糀・魚汁(いしる)で漬け込みを行います。

本漬貯蔵発酵

本漬貯蔵発酵

毒性を抜くために、1年半~2年、魚汁(いしる)を足しながら発酵を待ちます。乳酸菌や酵母を中心とした、発酵微生物の働きで毒性は抜けていきます。

魚汁(いしる)

魚汁(いしる)

魚汁(いしる)とは、いわしを塩蔵したときに出る「出汁」を沈殿・熟成させたもの。

ふぐの親子漬け

ふぐの親子漬け

出荷の際に、(財)石川県予防医学協会で【毒性検査】を受けます。※出荷合格基準10マウス以下
当店では5マウス未満を出荷基準としています。

▲このページのトップへ